医薬品を個人輸入するとはどういう事か

医薬品を個人輸入するとはどういう事か

皆さんは何か病気になった時、薬が欲しいと思ったらどうしますか。

薬局に行って薬剤師の方に相談して症状に合う市販薬を購入したり、病院に行き、医師の診断を受け、処方された薬を飲んだりすると思います。

しかし、今は外国製の薬も購入する事ができるそうです。

外国から薬を購入するということは、個人で輸入するという形になるそうなんですが、ご存知でしたか。

私はそういった事ができるとは知りませんでした。

しかし、どんな薬でも、たくさんの量でも輸入できるというわけではないそうです。

まず、基本的な事として、営業目的で医薬品等を輸入する場合は、厚生労働大臣の許可・承認等が必要となります(薬事法により)。

個人で使用する医薬品等に関しては、地方厚生局に営業のためではなく、個人の使用についての輸入だという事を書類等を提出して証明を受ける必要があるそうです。

しかし、一定の範囲内であれば、税関の確認を受けて輸入する事ができるそうです。

もちろん個人での輸入となるので、人へ譲ったり、転売したりということは行ってはいけないそうです。

これから薬の個人輸入を考えている人は、その辺を踏まえて、ルールをきちんと守って行いましょう。

届け出を必要としない医薬品の範囲とは

基本的に薬を個人で輸入したい場合は、地方厚生局から、営業目的ではないことの証明を受ける必要があります。

しかし一定の範囲内であれば、税関の確認を受けることで輸入する事もできるそうです。

一定の範囲内とはどういうことなのでしょうか。

気になったので調べてみました。

この一定の範囲内の薬とは医薬品と医薬部外品、化粧品、医療器具を指すそうです。

薬を個人輸入できるサイト

それぞれの個人輸入できる範囲は、処方箋薬・劇薬・毒薬を除く外用剤については、一品目(標準サイズ)で24個以内、外用薬以外の医薬品・医薬部外品については、処方箋薬・劇薬・毒薬は1カ月以内、それ以外の医薬品・医薬部外品については2カ月以内だそうです。

しかし、中には個人の判断での使用で健康に著しく影響を及ぼす恐れがある医薬品は、医師による処方箋などが確認できない限り、数量に関係なく個人輸入ができないので、注意が必要です。

詳しい事は厚生労働省などのホームページにも掲載されているので、一度きちんと見てみることが大事ですね。